FX取引ナビゲーターは、FX取引に役立つ情報、FX業者比較、投資手法などを紹介するサイトです。
FX業者比較項目

FXお役立ち情報

FXチャート入門

その他






■主要な経済指標

 FXを始めるに当たって、絶対に知っておかなければいけない経済指標が以下の5種類です。各指標は、実数や増減率だけでなく、予想とのズレに注視することが大切です。また、正式な確定値よりも速報値が重要です。

 リスクヘッジのために、主要な経済指標が発表される直前には必ず手仕舞いするのもひとつの方法でしょう。



FOMC政策金利

 FOMCとは、米国のFRB(連邦準備制度)の理事などが参加する、米国中央銀行制度の最も重要な機関です。そのFOMCで決定される政策金利は、世界中の為替相場に強い影響力を持ちます。

 FOMCは年に8回(基本的に6週間毎の火曜日)に開催され、FOMC政策金利は、日本時間の28時15分頃に発表されます。



米国雇用統計

 米国内の景気動向を計る上で極めて重要な指標です。失業率・非農業部門雇用者数・製造業部門雇用者数・小売業部門就業者数・週労働時間・賃金インフレの状態を示す平均時給など10数項目からなります。特に重要視されるのが非農業部門雇用者数です。

 米国雇用統計は、毎月第1金曜日に、日本時間の21時30分に米労働省から発表されます。



米国GDP速報値

 GDPとは、一定期間内に一国内で生み出された付加価値の総額です。特に、米国のGDPの速報値はマーケットの大きな変動要因のひとつです。

 米国GDP速報値は、四半期終了後の翌月(1月、4月、7月、10月)の下旬に、日本時間の22時30分に米商務省から発表されます。



米国小売売上高

 米国小売売上高は、米GDPの約7割を占める個人消費全体のトレンドを把握するのにとても重要な指標です。百貨店などの小売業の売上をサンプル調査に基づいて推計し、耐久財と非耐久財の各項目が発表されます。

 米国小売売上高は、毎月第2週に、日本時間の22時30分に、米商務省から発表されます。



ISM製造業景況指数

 ISM(Institute for Supply Management)=全米供給管理協会が発表する指数です。主要な経済指標の中で最も早く発表されるものであり、米国の景気の先行きを示す指標として注目されています。製造業300社以上の購買担当役員にアンケート調査を実施して作成されます。

 ISM製造業景況指数は、毎月第1営業日に、日本時間の24時00分に発表されます。