FX取引ナビゲーターは、FX取引に役立つ情報、FX業者比較、投資手法などを紹介するサイトです。
FX業者比較項目

FXお役立ち情報

FXチャート入門

その他






■FX業界の著名人

羊飼い氏

 謎の癒し系FXトレーダー。趣味はFXで、仕事もFX。『FX相対性理論』を確立中。ザイFX!や日経ヴェリタス、その他多くのマネー媒体に登場して調子にノリノリ中。





為替王氏

 職業は外資系金融機関での資産運用業務。仕事内容は、日本を含めた世界の主要国の経済や金利動向を分析して、投資運用を行い利益を上げること。運用資産は2千億円近くあるが、外資系なので、顧客から頂いた手数料は本国に上納するシステムになっている。将来は、欧米の最先端金融技術を生かしながら、日本人による日本人のための低手数料のファンドを作ることを目標にしている。


mayuhime氏

 妊娠・出産を機にFXを始めるも、直感だけに頼ったトレードであっという間に100万円を失い一時撤退。2008年4月にブログ"MayuhimeのFX検証記録"を開設と同時に50万円から再スタート。一日20時間チャートを見続ける猛勉強の末、2008年9月からコンスタントに月約100万円程度の利益を出せるようになった。2009年2月には、中国財務局長より、金商 第27号の正式登録通知を受け、投資助言アドバイザーとして、自身の経験をもとに、初心者でも「負けにくいトレードの考え方」を伝える活動をしている。





磯貝清明氏

 金属スクラップ業を営む磯貝商店社長。2004年にFXをはじめ、本業とFXの成功もありヒルズ族の仲間入り。だが、サブプライムショックで大損失を被り、現在は仕事場に併設された風呂なし2畳の小部屋を拠点に税金完納を目指している。著書に「突然マルサがやってきた!」(小学館)など。







池辺雪子氏

 東京都在住の主婦。若い頃から株や商品先物投資を学び、2000年からFX投資を始める。これまでに8億円以上の利益をあげている敏腕トレーダー。2007年春、脱税の容疑で起訴、同年夏、執行猶予刑が確定。その結果、所得税、延滞税、重加算税、住民税、罰金(約5億円)を全て即金で支払う。現在は自らの経験をもとに投資、納税に関するセミナー、執筆活動を行っている。投資活動のほか、20代からフラワーデザインにも熱心に取り組んでおりイギリス、フランスでのフラワーデザイン留学の経験をもつ。現在はその技術を生かして自ら教室を運営。著書に「あの4億円脱税主婦が教えるFX勝利の真髄」(扶桑社)など。



マット今井(今井雅人)氏

 1962年生まれ 岐阜出身。上智大学卒業後、1985年に三和銀行入行。1987年よりディーリングの世界に入る。1989年から5年間、シカゴにて通貨先物市場に傾倒し、多くの著名トレーダーと出会う。日本に戻ってからは専ら為替部門に従事。2004年3月までUFJ銀行の為替部門の統括次長兼チーフディーラーを勤めていたが一念発起して4月に独立。心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ちつづけた常勝トレーダー。内外の投資家にも太いパイプを持つ。元東京外為市場委員会委員、東京フォレックスクラブ理事歴任。
2009年、第45回総選挙に、岐阜4区から民主党公認で出馬。小選挙区では現職の金子一義に敗れたが、比例東海ブロックから復活当選。
著書に「外国為替トレード 勝利の方程式」(日本実業出版社)など。



松田哲(さとし)氏

 早稲田大学法学部を卒業後、三菱信託銀行に入社。三菱信託銀行本店国際資金為替部にて、外国為替、国際資金業務のエキスパートとして、本店国際資金為替部、ニューヨーク支店を往復。三菱信託銀行、仏国パリバ銀行、クレディ スイス銀行、オーストラリア コモンウェルス銀行のチーフ ディーラーとして活躍。現在は、法人・個人向けに積極的にコンサルティング業務を行う。亜細亜大学/経営学部、非常勤講師でもあり、「現代金融市場論」を担当。「マネーの大きな流れ」を読みつつ、大胆に相場を予測。2007年夏の円急騰などを的中させた。